comfort

ミニマリスト見習いの、よくばりジャーナル

培養結果をお聞きしました

こんにちは、ミオグロビンです。

前回は、受精卵が6個できて、培養してもらっています、というお話をしました。
本日は、培養した結果、移植できる状態の胚(胚盤胞)になったかどうかを電話でお聞きしました。

30代前半までの胚盤胞到達率は大体50~60%(私は29歳だけど20代は30代前半と一緒にデータとられることが多い)なので、
胚盤胞は3個か、よくて4個かな・・・?と思っていたのですが。

なんと 5個!! できました。

6個中5個なので、胚盤胞到達率83%ですよ~~~!!

聞いたときは、聞き間違えたかと思いました。

一昨日の内診の時は結構ぼこぼこと卵胞が見えて、
先生も「15個くらいとれて、10個くらい受精して、胚盤胞が5個くらいかなー、うまくいけば今回の採卵で二人目まで生めるかも」とおっしゃっていたのですが、
もしかしたら空胞が多かったのかもしれないです、取れた卵子は10個でした。
・・・結構ショック!!!

と前々回の記事で書いていましたが・・・
結果的に胚盤胞5個達成できたよ!?!?!?
採卵数が予想の2/3だったにしてはすさまじい巻き返し!

はあ~もうめっちゃ安心しました・・・

色々調べてサプリを飲んだからかしら・・・とか
これで、もしかして今回の採卵で二人目まで行けるかしら・・・とか
なんかいろいろと考えてしまいますね!

採卵まで、生活で気を付けていたことってサプリ以外はあんまりなくて、

お酒:
月に1回くらいは飲んでいた
生理が来たら気晴らしに飲んでいいことにしていた

タバコ:
もともと吸わない

カフェイン:
制限していないけどもともとそこまでコーヒーがぶがぶ飲まない、紅茶派
毎日0.8 Lの薄めの紅茶をティーバッグ1個で作ってがぶがぶ飲んでいて、完全ノンカフェイン生活というわけではないです
プラスでときどきカフェインレスコーヒーを飲むとしても一日1~2杯かな~という感じ

定時薬:
ミグシス、ミオナール、ATP、頓服の片頭痛薬など、普通に飲み続ける

睡眠:
もともと平均7時間は確保している、寝るの大好きでややロングスリーパーかも?

残業:
普通にしてた。月30時間くらい

サプリメント
・鉄+葉酸
マルチビタミン+ミネラル
カルニチン
・アルギニン
マグネシウム
コエンザイムQ10
・ショウガ(これは妊娠した時のためのつわり予防)
メラトニン
・ビタミンC
ビタミンD
・ビタミンE
ラクトフェリン

という感じでした。

移植がとっても楽しみです・・・!!
期待していいのかなあ~~~怖いなあ~~~

「採卵数は少なかったけど、胚盤胞到達率は良かったりして・・・って、そんな虫のいい話はないかあ」と思っていたらそのまさかでしたよ。

がっかりして、うれしいニュースが来たら、次はまたがっかりすることが来るんじゃないかな?とちょっと思っています。

とりあえず移植に向けて、ホルモン剤を飲み忘れないように気を付けながら、のんびり過ごします!!

初採卵後の体調

こんにちは、ミオグロビンです。

初採卵から4日が経ちました。
採卵後は卵巣が空っぽになっておなかも楽になるのかな?と思っていたのですが・・・
依然としておなかは張っているし、なんか胃も痛いです。(今日は胃は楽)
軽いOHSSみたいな感じなのかなあ・・・と思っています。
重症化しそうな感じはない・・・はずです。

昨日からプラノバール(ピル)を飲んでいます。
久しぶりのピル!飲みましたが気持ち悪いですねやっぱり!!

今日は昨日までのような胃痛はないのですが、そこはかとなく気持ち悪いです。

おなかが張っている感じもするから、怖くてあんまり運動もできなくて・・・
二日前に少し筋トレと有酸素したのですが、翌朝の夜明け前くらいにめちゃめちゃおなかが痛くなって。
耐えられず失神しそうなほどではないけど、眠れないくらいにはとても痛くて。
「これ続いたら今日仕事絶対できない・・・」と思いました。
それから怖くて運動できていないです・・・運動不足・・・

しばらくじっと耐えていたら、すーっと痛みが遠のき、二度寝することができました。
いやーどうしようかと思いましたね!あれはなんだったんだろう?
またあの痛みが襲ってきたら、今度は病院に行こう。と思ったのですが、なんとか再度襲われることなく今に至っています。

体外受精にステップアップしてからというもの、体が今までなったことのない状態になるので、
体調がおかしい時は色々心配にもなりますね・・・

採卵10個のうち、顕微受精4個、普通の培精6個で受精を進めてもらって、
顕微受精した4個は無事受精確認ができ、通常培精のほうは6個中2個受精が確認できました。
通常培精の方、全滅じゃなくてよかったけど、ちょっと少ないのが気になるので、
次回また採卵するのであれば全部顕微授精のほうがいいかなと思っています。
これは受精障害というやつなのかな??私の卵の殻が固すぎたのかどうなのか。
顕微受精の方の受精率はいいので、卵子の質的には良さそうかな~と(素人考えですが)思っています。

あとは、これで6個の受精卵のうちいくつ胚盤胞まで行くかですよ!!
この結果はあと4日でわかります。どきどき。
早ければ今日から胚盤胞になってる胚があるんじゃない!?!?
クリニックに電話して聞きたーい!!笑

本当なら、8個くらい受精卵ができることを期待していたのですが・・・今そういってもしょうがないですね。今からできることはないので。
今できることは次回の移植ともしかしたらあるかもしれない採卵に向けて体を整えることです。
とはいえ運動するのは怖い!どうすればいいでしょうね。
踏み台昇降・・・再開しようかな。頑張ります。

体外受精に移行しました:採卵の日

こんにちは、ミオグロビンです。

前回書いた記事が、FTを受けて4周期経ったくらいでしたね。
あの後、結局6周期までタイミング法にチャレンジしたものの残念ながら妊娠に至らず、
今月から体外受精へステップアップしました。

ステップアップは、言うのは簡単ですが、
タイミング法最後の月、「今月だめならステップアップ」という時に
生理が来た時の絶望感は忘れられません。

高温期が順調に続き、いよいよ明日頃が生理予定日というとき、
「明日、基礎体温がまだ高温だったら、妊娠検査薬を使おう、ちょっと早いけど」と思っていたんです。
その日はドキドキして夜中に目が覚めてしまった。
深夜3時くらいのことです。

まだずいぶん早い、すごく時間がずれている・・・と悩んだんですが
気になって眠れなさそうだったので、体温を測ったんです。
これがもうめちゃめちゃ低くて。
低温期に移行したのと、夜中で気温が低かったのと、たぶん色々あったんだと思います。

思わず隣で寝ている夫にしがみつき、泣き、謝りました。
悪いことをしているわけではないので、謝る必要も本当はないのかもしれないけれど、
でも私に問題がなかったら今頃は・・・妊活を始めて1年経ったし、問題なくうまくいっていれば子どもが生まれていたかもしれない。
そう思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
夫は、起きて、私の頭をなでながら抱きしめてくれました。

朝、念のため基礎体温をもう一度計ったら高かったのですが、
夜中に一度起きて体温を測り、そのあとも気になってスマホでいろいろ情報を漁ってしまったり・・・と
十分に寝たわけではなかったので、「当てにならねえな」と思っていたら。
やっぱりその日のうちに生理が始まりました。

タイミング法の時は生理5日目までに受診だったので、
生理が来てから受診まで比較的時間があったんです。
ただ体外受精をするとなると、そんな悠長なことは言っていられません。
生理が来たら、落ち込む間もなく、翌日受診です。
「生理が来た、明日受診、ということは・・・上司に相談!早めにしないと」と大慌てです。
不妊治療をしていることは2月に相談済み

翌日なんとか受診の予約を取り、病院へ行き、ホルモン値を測って、採卵までの計画を立てます。
私はAMHの値が6.9と高めなので、刺激しすぎると卵胞が30個ぐらい発育してしまう可能性があるということで
低刺激の方法で採卵を行うことになりました。

まず2日目からクロミッドを1日1錠のみ、7日目に受診して・・・
タイミング法の時から卵胞の成長が結構遅く、タイミングを取るのがスムーズにはいかなかったのですが
やっぱり今回も卵胞の成長が遅かったので、結構HMG注射を打つことになりました。
筋注なので、肩に、お尻に・・・採卵前の1週間はほぼ毎日のようにHMG注射していました。
これが一番つらかったかもしれない・・・!特にお尻がつらかったです。
肩とお尻、どちらがおすすめか看護師さんに聞いたら、「お尻のほうが楽とよく聞く」と言われたので2回目・3回目とお尻にしたのですが、
筋注後お尻はうまくもむことができず、痛みが強く・しかも長く続きました。
次からは絶対に肩にします!
肩は、これでもかと思うくらい揉めば、あんまり辛くないです。
まあ、もう採卵しなくてよくなるのが一番いいんだけど・・・・・

ということで今日が採卵の日だったのです。
一昨日の内診の時は結構ぼこぼこと卵胞が見えて、
先生も「15個くらいとれて、10個くらい受精して、胚盤胞が5個くらいかなー、うまくいけば今回の採卵で二人目まで生めるかも」とおっしゃっていたのですが、
もしかしたら空胞が多かったのかもしれないです、取れた卵子は10個でした。
・・・結構ショック!!!

空胞ってどうやったらなくせるんですかね。取れないくせに膨らんでおなか圧迫されるので勘弁してほしいです。
できれば今回の採卵で二人目までいきたかった!辛いもの!
でも世の中には何回も採卵をしている人もいるのだと思うと、もう下げた頭が上がりません。

夫も休みを取って付き添ってくれたので、取れた卵子をどうするかという培養士さんとの面談は夫婦で参加したのですが、
ちょっと思ってたより少なかったので、夫婦ともども「あ・・・」という感じでした。笑

10個とれたそうですが、未熟卵・退行卵・成熟卵の内訳はまだわからないそうです。
取れた卵子を見たらすぐわかるものだと思っていました!誤解してました。

採卵は静脈麻酔下で行いました。
FTのときよりも弱めの麻酔だそうで、もしかしたらうっすら痛いかもと言われていたのですが、
確かに痛みは感じて、「痛いよー!思っていたより痛いよー!早く終わらないかなー!うああまた刺された~」と思いながら
うんうんと唸っていた・・・と記憶しています。
あれです、うっかり夜にカフェインをとってしまってあんまり寝つきが良くない、でも起きているわけでもない、あの感じが近いです。
でも耐えられなかったり暴れだしそうな痛みではなかったです。
妊娠するのにこんな痛い思いをしなければならないので、分娩も無痛がいいなと決意が強くなりました!

採卵前後は優しい看護師さんやアシスタントさんにケアされて天国のような心地でした。

明日のお昼に、本日の授精結果がわかるので、ドキドキしています。
またいらんくらいスマホで情報収集をしてしまう・・・(通っているクリニックのコラムです)
早く結果知りたい!!!!!
胚盤胞まで到達したものをすべて凍結してもらうことになりました。
移植は次の周期からです。早く移植したいなあ~~~

これでもかというくらい、サプリメントはとっているので、卵子の質はちょっとは良好であることを期待したいものです。
例えば・・・胚盤胞到達率がめっちゃ高いとか・・・

私はたぶんPCOS気味なのでは???(でも正確に言うとPCOSではない)と自分で思っています。
ホルモン値の基準で言うとPCOSの定義には当てはまらないので「気味」です。
自分でそう思っているのは「多毛」「卵胞の成長が遅い」「AMHの値が高め」「ニキビ」などが当てはまるからです。
で、PCOSの人の卵子胚盤胞到達率がちょっと高めというデータがあるらしいんです。
・・・なので、サプリ+PCOS気味で胚盤胞数に期待したい!ところ。

飲んでいるサプリは
・鉄+葉酸
マルチビタミン+ミネラル
カルニチン
・アルギニン
マグネシウム
コエンザイムQ10
・ショウガ(これは妊娠した時のためのつわり予防)
メラトニン
・ビタミンC
ビタミンD
・ビタミンE
ラクトフェリン

・・・多いですん。

でもこれもすべて今日の採卵のためだったんです。
(また採卵あるかもしれないから、飲み続ける所存)

はあ~~~~そわそわしちゃいます!
成熟卵多くありますように。

FT受けました

前回の更新から5か月くらい経ってしまいました。
前回は新型コロナウイルス感染症が流行して、市場が混乱し始めたときくらいだったんですね。
あれから随分と状況が変わりました。

前回は「罹ってもいいや」くらいの気持ちと書いていました。
今もそこまで変わりはないですが、「罹っても免疫が長続きしない」「治癒後も後遺症が残るケースが多い」などなど、「あれ、これ罹らないほうがいいかも」と思うような言説が出てきています。
「ひとりで電車に乗っているときはマスクしないキャンペーン」は個人的にしているのですが(話さなければうつらないから)、手洗いは励行しています。
マスクしていないと白い目で見られるのはあんまり気にしないですが、自動販売機とかエレベーターのボタンとか水道の蛇口とかトイレの「流す」ボタンとか、もっとみんな警戒すべきものがほかにあると思いますよ。

巷ではいろいろな対策が講じられていて、
スーパーなんかでもレジ前のソーシャルディスタンシング・フロアサインや飛沫防止シート、カルトンを使用した金銭授受などいろいろな試みがされていますね。
個人的にはカルトンを使用した金銭授受はほぼ予防効果はないと思っていますが・・・
カルトンに一回置いていようが置いてなかろうが、現金にしろカードにしろ同じものに触れた時点で手にウイルスは付着しますよね。
まあそこらへんの検証は、今後されるようになっていくのでしょう。

前置きが長くなりましたが、4月にFT手術を受けてきました。
静脈麻酔が初めてだったので怖かったのですが、全然大丈夫でした。
麻酔がかかる直前は、寝る直前のふわ~んとする感じで、その後すぐ麻酔がかかって眠りました。
気が付いたら手術が終わっていて。その後2時間くらい安静にして、帰宅しました。

今はFTを受けて4周期目。
正確には今日たぶん生理が来るので5周期目突入しかけてるところです。
FT受けたから自然妊娠してもいいと思うのに・・・やっぱりほかにも原因があるのかしら、と現在進行形で絶望しています。
体外受精も検討し始める時期になりました。6周期目までダメだったら体外受精に移行します。

なんかねえもういろいろとしんどいのですよ。
通院して、がんばってタイミングとって、高温期ずっとそわそわして待ってるのが。
高温期におなかが痛くなると、着床の痛みなのではとか期待してしまうのが。
ちょっとした体調の変化を、妊娠超初期症状なのではと考えて期待してしまうのが。
うっすら出始めた経血を「いや、まだこれは着床出血かもしれない」と、期待と絶望が半分半分になる日の長いこと長いこと。

「気が付いたら生理が遅れていました」???ないない、そんなの全然ない。
生理予定日を指折り数えて、一日一日がとても長い。気が付くまで忘れてみたいくらいですよ本当に。
明日も体温が高温でありますように、体温が下がりませんようにと泣きそうになりながら、祈る気持ちで毎晩眠りにつく。
そして今日ばっちり下がっていました。普段の低温期よりも下がってるくらいですから、やっぱりリセットでしょう。

なんかバカみたいじゃないですか。
期待して期待して、生理が来た時に絶望してる自分が。
毎月毎月、懲りずに、学習しねえなあ、って。
毎月、ああ自分ってなんてバカなんだろうと思うんですよ。
やるせなくて惨めな気持ちになるんです。

これをあと何回繰り返さなければいけないのだろう、と考えると、
子どもが欲しいと思わなければそもそもこんな思いをしなくて済んだのに、と思います。
子どもを欲しいと思わなければ、私はずっとピルを飲んで体調をコントロールしながら、機嫌よく生きていられるのに。
8年間ピル様のおかげでホルモンバランスに体調を乱されることがなく快適に過ごしたので、尚のこと毎月がつらい。

「すぐに妊娠しました」という知人の報告を聞くと、私は何が悪いの?と考えて魔女化しそうになります。
ここのところ数年、他の人と自分を比べて落ち込む、ということがなかったので、尚のこと辛い。こんな自分でいたくない。
子どもが欲しくない人も、すぐに妊娠できる人も、みんなみんなうらやましい。

そんな今日この頃です。
私はしばらく輝く毒りんごを作る魔女になります。

手術することにします。

こんにちは、ミオグロビンです。

昨日はホワイトデーでしたね!
我が家では「各種イベントを口実にしてケーキを貪り食う」という風習があるのですが
今年のバレンタインとホワイトデーはハーブス(HARBS)のケーキを買ってきて食べました!
バレンタインは一人3個食べて若干食べすぎた感があったので、ホワイトデーは一人2個!
一人2個がちょうどいい感じでした♪
すごく満足感あったし予約もいらないので、これからしばらくはハーブスが我が家の定番になりそう♪♪
はあ・・・おいしかったなあ。昨日に戻りたいです。

先月ブログを更新して、色々不妊検査を受けていると書きました。
先日、黄体ホルモン検査結果をもらい、なんと、問題なかったんです。
私は問題あるとしたら黄体ホルモンだと思っていたので、なんかちょっと意外!でした。
そして卵管通水検査も受けてきました・・・そして引っかかりました。
片方の生食の通りが悪かったんです。。
水の勢いを強めてもらいましたが、あまり通りがよくないままでした。

卵管通水検査後は傷がつくみたいで結構血が出てびっくりしました!
入れた生食が出てくるだけかと思っていました。

もう片方は良かったのですが、片方が悪いと、もう片方も水は通っても何かしらの問題がある場合が多いらしく
このままでは自然妊娠は無理とは言わないがかなり難しい、ということでFTという卵管鏡手術をすすめてもらいました。

性感染症になったことはなくても、ちょっとした細菌感染で卵管が癒着してしまうこともあるんだなあと
身をもって学び、とても勉強になりました・・・orz
卵管の癒着がこんなに良く起こることだなんて、正直認識していませんでした。

帰宅する前から夫に報告はしており、状況を説明していたのですが、夫の帰宅後に再度話し合いました。
帰宅前にいろいろと調べてくれたようで、心強かったです。
来週、手術を受けるか再度先生と相談をするのですが、受ける方向で話を進めようと思います。
初めての手術になるなあ・・・どきどき。
そんな大したことはしないんですけどね^^;

これで妊娠率が改善するといいな・・・

巷ではまだCOVID-19が世間を騒がせていますね。
ヨーロッパや中東の方でも大きな問題になり始めたようで、私の仕事もどうなるかわかりません。
しかし、コロナウイルス感染症は今までSARS、MERSと読みやすい(呼びやすい)名称がついていたのに
今回のはCOVID-19ってなんかちょっとトリッキーで呼びにくくないですか?

おかげで全然定着してなくて、みんな「コロナ、コロナ」って呼んでますが
私はその度に「コロナはそもそも太陽の周りの光のことだからー!」
「ウイルスのことを言っているのであっても『新型コロナウイルス』って言わないとSARSやMERSも含んじゃうからー!」
と言葉にかなりこだわりがちな私はもやもやしてしまいます^^;

地名を含まない・・・とかいろいろ基準があって決められたのは理解しますが、
取引先の英語圏の人も、話すときはCOVID-19ではなくて「coronavirus」って言ってるから、やっぱり呼びにくいんじゃないかな^^;

私がもともと消毒用エタノールを家に常備しておきたい人だったので、我が家には奇跡的に騒動前から消毒用エタノールがありました。(※購入・開封は2年前・・・)
なので、100均で小さなスプレーボトルやポンプボトルを買ってきて詰め替えて、外出時に持ち運んでこまめに手指消毒できるようにはしています。
500mlボトルだったけど、たぶん残りは200mlくらいかなあ・・・
猫が粗相したときとかに消毒に使っていたのですが、今はなるべく温存したいので、猫に粗相しないでもらわないといけないですね。
それがなければあと1か月くらいは持つでしょう。

家にマスクはないけど、まあ、マスクしてもウイルスは通してしまうので^^;
エビデンスごりごり対策で行くのであれば、手指消毒>>>>>(超えられない壁)>>>>>>>マスク、って感じなので手指消毒で優勝していく感じになるでしょう。(とはいえ手指消毒しててもかかるときはかかるけどね・・・)
巷では「薬用」ハンドソープが入手困難になっているらしいですが、薬用じゃないハンドソープでも十分ウイルスは殺せるので大丈夫でしょう。
手を洗う時のポイントは洗い残しと時間で、できれば30秒くらいかけるのが理想なようです。
親指とか手のしわの部分はなかなか意識しないと洗うのが不十分になるそうですよ。
感染対策で手洗いが基本なワケ | 感染と予防

我が家に基礎疾患がある人はいないので、仮にかかっても軽症で済む可能性が高く、油断するわけではないのですが、私自身は「罹ってもいいや」くらいの気持ちです。
罹った場合、周りにうつさないようにだけしないといけないですね!

アルコール除菌アイテム類は今大体どこに行っても品薄ですね。
マスクも朝からドラッグストアに並ばないと手に入らないのが問題になっていますが・・・
そろそろ買い占め隊も疲れてくる頃なんじゃないかなあ、と思います。いや、疲れるのにはまだあと数週間かな?
早く安定供給されるといいですね。騒動、いつまで続くんだろう・・・^^;

不妊治療?(初期検査)始めました。

こんにちは、ミオグロビンです。

ここ2週間くらい、残業続きでしんどい日々を送っています。
帰ってきたらご飯を食べてシャワーを浴びて寝る!みたいな生活です。
この3連休で少しでも身体を休めたいですね。

結構ストレスで身体がこわばっているのか、頭痛もちょっと増え気味です。
首のストレッチ、最近減っているので、頑張らなきゃ・・・
筋トレする時間もあんまりないので、筋肉も落ちていると思います。

少し前に、サイトメガロウイルストキソプラズマの抗体検査を受けた記事を書きました。
結果をもらったのですが、どちらも陰性でした!現在罹ってもいないし、今までに罹ったこともないそう。
正直トキソプラズマくらいなら罹ったことあるような気がしてましたが、意外でした^^;

トキソプラズマがいるネズミは猫を恐れなくなり、そうして猫に食べられたネズミから猫はトキソプラズマに罹るそうです。
その猫が感染初期に排泄したものからオーシストが人の体内に入ると、人もトキソプラズマに感染する・・・という流れなのですが、
トキソプラズマに感染した人はリスクを恐れない大胆な行動をとるようになるという説があるらしく
私も割とその気があったので、「今まで野良猫に接する機会もあったし、感染歴あるかも」とか勝手に思っていたのですが、どっこい、なかったですね。
これからも感染に気をつけなきゃいけないのかー!めんどくさいなー!!

でも今それよりも気を付けなくてはいけないのが新型コロナウイルス感染症ですね。
まだ出てきたばかりの病気なので、感染が妊産婦および子どもに与える影響はまだ多くはわかっていません。
ちょうどデータが出始めて、とりあえず死産とかにはならず、新生児の健康状態のスコアも9例中みんな良好であるという情報が入りました。
ただ、このデータは周産期の妊婦さんのデータなので、器官形成期とか妊娠中期だとどうなるかとかはまだわからないですよね。
周産期の妊婦さんの上記のデータによると、羊水などからも新型コロナウイルスは検出されず、新生児からも検出されなかったということで母子感染はなさそうです。
引き続き、感染しないように気を付けながら、情報を集めたいと思います。

HIV、肝炎系、クラミジアとかも検査しましたが全部大丈夫でした!
引っかかる心当たりは全然ないのですが、うれしいです。笑

感染症検査を受けたその流れで、妊娠できる体かどうかを検査する初期スクリーニングを一通り受けることにしました。
甲状腺ホルモンの値は若干高めであるものの、異常値ではないので経過観察となりました。
今のところ引っかかったのはそのくらい・・・
フーナーテストの結果も良好で、あとは黄体ホルモン値検査を行うのみです。
まだ不妊という定義には当てはまらないけど、これは俗にいう「原因不明の不妊」の可能性が高くなってきたのでは・・・?

昨日は排卵痛と思われる腹痛があり、結構しんどかったです。
ここ数か月は排卵痛があるのですが、いつも右側だけな気がする^^;
こればっかりは記録を取るしかないですね。

あとは夫の検査(でもフーナーテストが良好なので問題ないと思う)と黄体ホルモン、卵管通水検査です。
黄体ホルモンあたりで引っかかりそうだなあーと思っています^^;

上司にも、検査だけだけど受けていることは伝えてあり、「何でも相談して」って言ってもらって気持ちが楽になりました。

引き続き頑張ります。

体重管理と最近の気分

こんにちは、ミオグロビンです。

油断していたら、ハワイの時より3キロ太ってしまいました!
最近は本当にほぼ毎日アイス食べるのが当たり前体操みたいになってたので、反省、、、
食べ癖って一度つくとなかなか取れないですよね。
前は空腹に結構慣れていた気がするのに、今はもうちょっとの空腹での我慢できなくてすぐ何か食べてしまう・・・

12月と1月はたくさん食べる機会が多かったとはいえ、ちょっと食べすぎました。
もう少し健康的な量に落ち着かせたいと思います。

カロリー計算をしていて思うのは、お菓子の破壊力。
お菓子を食べると一気にカロリーが跳ね上がり、かつ栄養価は低評価。
でもおいしいと食べちゃう・・・

2月はお菓子を買わない!を目標にしたいと思います。
バレンタインデー以外ね!!!
食べるとしたら焼き芋とかがいいかもしれないですね。焼き芋を冷凍して常備しておくとかできるのかな?

最近はやっぱり黄体期に入ると気分が沈んだりイライラしがちだったりしたのですが、
でも先月までよりはちょっと軽かった気がします。
今週期は低温期がいつもより1週間長かった上に少しガタガタだったのが本当にショックで、気がかりで、「黄体機能不全だったらどうしよう」って思っていたので、
イライラするたびに「あ、黄体ホルモンがきっと分泌されているんだ、ちゃんと分泌できているんだ・・・」って思えて逆に安心したのがよかったのかもしれません。

とはいえ今朝ちょっと体温が下がっていたので、おそらく明日から生理が始まりリセットされるでしょう。

そしたら次の周期はスクリーニング検査をお願いするつもりです。
もし卵管が詰まっていたら・・・卵子が育たない体だったら・・・と思うと怖いですし、実際そのような場合に自分のこととして受け入れられるかはちょっと自信がないです。
でも自分の体のことを知らないのはもっと嫌なので、一度ちゃんと検査をしてもらおうと思います。

最近は「子宮内フローラ」なるワードを仕入れまして、さっそく子宮内フローラの改善に良いらしいラクトフェリンサプリメントを購入しました。
不妊の原因は不明とされるケースも多いと聞きますが、それはまだ解明に至るほど文明が発達していないということで、その解明の手掛かりになるかもしれないホットな分野が子宮内フローラらしいのです。
もうちょっと調べる必要あるけどね・・・先走った感あるわ・・・
正直サプリメント飲みすぎてわけわからなくなってて、逆にめっちゃ不健康やない??とすら思いますが・・・
でもラクトフェリンならおなかの調子もよくなりそうだからいいかな~!
効果があったらうれしいですのう。

そんな感じの今日この頃。