comfort

ミニマリスト見習いの、よくばりジャーナル

乾燥器ほしいね

こんにちは、ミオグロビンです。

梅雨明けしたはずなのに、天気図を見ると梅雨前線っぽいのあったりして、関東は毎日どこかしら雨だし、寒いし、じめじめしますね。

アメリカに行った日から大体2ヶ月経ちました。

アメリカで「あれは良かったなあ」と思うことは、
もちろん毎日恋人と過ごせたこともですが、
次に恋しいのが「乾燥機」。

彼が住んでいたアパートには、大きな洗濯機と大きな乾燥機があって、
洗濯機で衣類を洗った後は、そのまま横の乾燥機に移して乾かすことが出来ました。

乾燥機について心配になるのが、衣類の縮み。
私もかける前はとても心配だったのですが・・・
恋人は「今まで、俺の服はあんまり縮んでないよ」と言っていたので、「ええい、私も!」と思ってかけました。

無印の綿100%のショーツ・・・
ユニクロのTシャツ・・・
INDIVIのスカート・・・
INDIVIのスカートはもう3年ほどヘビロテで着ているとはいえ、やっぱり私にとっては高い買い物だったので、縮んだらどうしようとひやひやしました。
ただでさえ、洗濯も手洗い推奨のマークがついてるので。笑

でも全然大丈夫でした!
ふっくらと仕上がって、全然縮みませんでした。
あまりシワにもなりませんでした!


そんなこんなで今は実家暮らし。
実家には乾燥機能付き洗濯機があるのですが、縮みが怖いため乾燥機能はタオルにしか使えないとのこと。
まあ、タオルが乾くだけでも大変助かるんですけど・・・
他の衣類も縮まずに乾いたらうれしいですよね!!

ああー、あの乾燥機ほしいなあ。

寝不足は小春のせい

こんにちは、ミオグロビンです。

寝不足です。
網戸を開けていないと、朝の4時、5時に小春に起こされるのです。
外に出せ、と。

昨日は網戸を開けっぱなしにして出かけたところ、
帰ったら部屋にセミがいました。
カナブンもいました。
勘弁して。

ということで、
私が寝ているところに小春がセミでも連れてきたら、私はどうしたらいいかわからないわ、と思って、昨日は網戸は開けないで寝たのです。
そしたら案の定起こされました。
「暇だ」と。

なので、一度ぼんやりと起きて、網戸を開けて、また寝ました。
起きたら、カナブンの外羽や足が落ちていました。
いつの間に・・・食べたんだ・・・

猫が獲物を連れて帰ってくるのには、
「見せて褒めてもらうため」というのが定説でしたが、
最近は「狩りが出来ない飼い主に教えてあげるため」というのが有力なんだとか・・・ネット情報ですが。

夜、もうちょっと遊んであげたいのですけど、
そういう時に限って、小春は「遊ぶよりも甘えたい」気分だったりするようで、
なかなか遊び疲れさせてあげることが出来ません。

どうすればいいのだ。。。

肌が弱くなってます

こんにちは、ミオグロビンです。

新しい仕事が始まって二週間です。
まだまだ慣れないですし、早朝に小春に叩き起こされることもあり、疲れがとれず寝不足を感じています。

疲れがたまることで、肌も敏感になってしまったようです。
今まで問題なく使えていた日焼け止めやBBクリームも、塗った後に刺激を感じてしまうようになりました。
昨日は痛すぎて耐えられなくて一度落とし、粉だけはたいて出勤。
液体よりは粉タイプの方が刺激が少ないかなと思い、今日はパウダーのもので化粧をしてみましたが、昨日も今日も、やっぱりちょっとだけピリピリしました(>_<)

改善のために重要なのはやっぱりビタミンや保湿、睡眠かな…??
全体的に改善したいのはもちろんなのですが、手っ取り早く肌の防御力上げる方法って言ったら断然保湿だと思うので、しばらく保湿しまくろうと思います(ㅇㅁㅇ)!!!!!!!
パックしまくろうかな(ㅇㅁㅇ)!!!!!!!

早く慣れたいですね!
焦っても仕方ないから、毎日着実に過ごすのみ、ですけども(´・ω・`)

健康に良いものは痩せるのか

こんにちは、ミオグロビンです。

巷にはたくさんの健康情報が溢れていますね。
それと同じくらい、ダイエットに関する情報も多いです。
興味がある人が多いということなのでしょう。
多分アフィリエイトの商材としても安定していて優秀だと思われます。

私も身体の不調があったときなどに少し調べたりすることがありますが、たまに「健康に良い」と「痩せる」をまぜこぜにしてしまっているような記事を見かけます。
それが少し心配なのです。

健康にいいことやものを取り入れれば必ずしも痩せるのかというと、当然そうではありません。
健康にいいことと、痩せることは、当然ですが別のことです。
ただなんとなく、普段過ごしていてその二つをごっちゃにして考える癖がある人が多いのかなと感じます。

情報リテラシーは今後ますます重要ですね。

完璧主義者はアイロンがけがお好き

こんにちは、ミオグロビンです。

実家で家事を手伝うようになりましたが、
一番好きなのはやっぱりアイロンがけだなあ、と感じています。

お掃除も嫌いではないのですが、完璧にしようとすると終わりが見えません。
どんどんきれいになっていくものを見るとやりがいを感じますよね。
でもどこもかしこも掃除をしようとすると、とても消耗してしまいます。
「いい感じに疲れるのがいい」という方もいらっしゃると思いますが、私が好きなのは手軽にできて終わりが見える、アイロンがけです。

私は完璧主義者です。たぶん。
小さなころから、何か成果を出しても、「頑張ったな。ここをもっとこうするともっと良くなると思うよ」と言われてきました。
親なりに、私には常に向上心を持って物事に取り組み、よりよいものを生み出せる人間になってほしいと思ってのことだと思います。
実際私も、後輩を育成するときは同じことを言ってしまいます。
あー、でも、同じことを言うときは後輩が失敗しちゃったときのことが多いかな。
失敗したときに「頑張ったね。次はここをこうするともっと良くなるんじゃないかな」と言うのと、成功したときに言うのでは、相手の受け取り方もだいぶ違いますよね。

成功したときは、ただ「頑張ったね」とだけ言われたかった。
そのことは、ちょっとした寂しさとなって私の心の中に残っている気がします。

家事をするときは、するだけでありがたがられるし、母はじっとしているアイロンがけは苦手と言っていたので、私がアイロンがけをするとさらに喜びます。
存在意義はほしくなっちゃいますね。より確固たる存在意義がほしい。

お料理も練習しなくてはー。
今日はお夕飯を任せてもらってます。
一人暮らしの時は、一品作っておしまい、のことが多く、お献立のことまで考えていませんでしたが、実家でお料理するときは考える必要があるので、新鮮です。
肉じゃがを久しぶりにつくろう。

小春は気まぐれむすめ

f:id:stevioside7:20170714075632j:plain

こんにちは、ミオグロビンです。

小春は私の部屋に引きこもりっぱなしです。
実家の先住猫と折り合いが悪いのです。

小春は抱っこされるのが嫌いです。
身体を拘束されるのがいやみたいです。
いつでも思ったとおりに身体が動かせて、何かあったときにすぐに逃げられる状態でありたいようです。
首輪をつけようとしたときもすごくパニックを起こしてしまいました。

でも人に触れられるのはすごく好きで、外出から帰ると15分は撫でないと気が済まないようです。
お昼寝をするときも、身体の一部を私にくっつけて寝たいようです。
でも夏なのでそのまま抱きしめていると、暑いようで身をよじります。

下半身や足やしっぽを触ると嫌がる猫は多いですが、小春はどこを触っても嫌がりません。
お腹も触り放題です。お腹を触られるのが好きなようです。
安心しているときはへそ天にしてごろんと寝っ転がることもあり、そのときはお腹に顔をうずめてもふもふしています。
ただお腹は内臓がたくさん入っている大事な場所。
人間もそうですし、多くの動物に共通していることですね。本能的にお腹を触られるのが嫌な猫は多いと思います。
なので怖い思いをさせないように、触るときは優しくします。

快適な猫スキンシップを求めてがんばるぞー!

実家のお掃除

こんにちは、ミオグロビンです。

ニート生活中、一日中家にいる日はなるべく家の掃除をしています。
人間が4人、猫が3匹、犬が1匹いるので、家がすぐ汚れてしまうのです。
洗濯物もすぐたまります。
こまめな掃除は欠かせません。
一人暮らしを始めるまで母親一人に任せてしまっていたのが申し訳ないです。
働き始めてもなんとかできることはしていきたいですね。

今日はキッチンや床の掃除を特にしていましたが、気が付いたら手がボロボロに。
よく見たら爪の表面までボロボロです。
爪が荒れるほど強力な洗剤なんて、使ったかな!?と思ったら、コンロ掃除のときに使用した金属たわしが原因だったみたいです。
私は右利きで、爪が荒れているのも右だけです。
妹の爪磨きを拝借して、ついでだからすこしお手入れをしておくことにいたします。

そんなこんなで、母に「ミオグロビンに主婦になってもらいたいわ」と言われました。
私も、母がそれで楽になれるなら、と思いますが、やっぱり私もお給料が欲しいです。
私が実家に戻ってきたのも、一番は貯金をするためです。
働きながら、なるべくみんなで協力してきれいな家を保てるように頑張ります。

特に母親は食品の管理がざっくりです。
実家には食品庫があるのですが、そこの棚にしまい込んであるものは8割がた賞味期限が切れているのです。
それを見つけては、ごみの日に捨てています。
瓶詰、缶詰でも5年10年と期限が切れているものが結構あります。
開けて、小さなビニール袋にうつして、入れ物は洗って、分別して捨てる。
結構、気力がないとできません。捨てるためだけに洗い物。
母は、食品庫や冷蔵庫から何かを出しては、「あら、期限が切れてる」と気づき、そこで元の位置に戻してしまうんです。
なぜ戻すー!
いつか食べるのー!
きっと誰も食べないと思うよー!
いつどこで誰がどのように食べるのですかー!
それが即答できないなら捨てた方がいいと思うよー!!

でも母は戻してしまう。
なので私が処分しておかなくてはいけない。
父も結構積極的に古いものは処分してくれるのですが、基本的に冷蔵庫の中の、すぐに捨てられるものばかり手を付けます。
瓶や缶をあけて洗わなくてはいけないようなものは、ほとんど私に任されてしまいます。

そして空いたスペースにまたため込まれてしまいそうですが・・・
そこは少しずつ諭していけたらいいなと思います。

母は結構「安かったの」と言っていろいろ買ってくるタイプです。
でも、使わなかったら、安くても意味がないんだよ。
どうして同じ洗剤の詰め替え用が五つもあるの?
使い切るまでに何回も安売りがあると思う、だからきっと大丈夫。

未開封の食品はあまりカビが生えたりしていないので、
捨てる時もそれが精神的にかなり楽です。
そんなに変なにおいもしません。
でも「変なにおいがしなければ食べてもOK」とは私は思いません・・・。

家族と暮らすって難しいですね。
お掃除頑張りまーす。