comfort

ミニマリスト見習い・調剤事務の、よくばりジャーナル

転居が近づいています

こんにちは、ミオグロビンです。

転居予定日が近づいています。
引越し業者も手配しました。
家電買い取りの見積もりにも来ていただきました。
荷造り用のダンボールも届きました。

一人暮らしが、終わる。

とても不思議な気持ちです。

3年続いた一人暮らし。
途中から猫も一緒に暮らして。
部屋に文句を言いながらも、住み慣れています。
続けたいような、早く辞めたいような。

まあ、感傷に浸ってないで、荷造り、荷造り。
そのついでに断捨離、断捨離。

新しい生活がはじまります。

その前には別れもあります。

「会社を辞めても、これからも仲良くしてください、一緒に遊んでください」と言ってくださる方もいて、嬉しい限りです。

転職活動はしていますが、面接2回落ちました。
いや、ね、面接に慣れていないし、最初の2回なんて落ちて当たり前なんですけど、
「社会に必要とされてないのかな」って落ち込みます。
でもね、そんな落ち込む必要なんてないんです。
すべての職場が私を欲しいわけではない。
それこそお見合いみたいなものなので。
いつか私を必要としてる会社に行ける。
私は社会で活躍できる。
みんな「あなたならどこに行っても大丈夫」と言ってくれるから。

就活のときも、こんな感じになって、
そこでめげて、応募が怖くなってできなくなってしまって、
医療事務に方向転換したんでした。
懐かしい。
二の舞いを演じたくはないのです。

メンタル強くして頑張ります。

面接で聞かれることを予め教えてくれる会社の面接が、今度あるのですが、
「今までの人生で一番頑張ったことを教えてください」と聞かれるのだそうです。
でも私は物事を頑張ってやる自覚がない。
いつも頑張っているとも言えるし、いつも別段頑張ってはないとも言える。
「私、何頑張ってたと思う?」と親にでも聞かないとわからないのです。
「よし、頑張るぞ!」と特別思って何かに取り組むことがないので…
アルバイトかな?
バイトさんがしょっちゅう辞めて人が足りなかったので、「せめて…営業だけは続けなくては…」と結構頑張っていたと思います。(24時間営業年中無休のお店でした。)
夜勤もしたり(笑)

えー!こんなんでいいのかな?
何か努力によって難しいことを達成した華々しいオハナシが求められてるような気がするんですけど!
副社長に「いいバイトさんを優先的にシフトに入れまくれば理論上売上はあがるよね?だからミオグロビンさんのシフト希望全部通しておいたからね!」と言われて「あ…はい」と言うしかなく。
副社長のいう通りお店は大盛況で、それまでは席の稼働率5〜6割だったのに、連日ほぼ満席の状態で週5勤務の私(大学生)…
それまで「シフト組みやすいように、希望日より週1くらい多めに書いておいてね」と言われておりましたが、全部通してもらっちゃいました。結構無理でした。月収が11万くらいでした。

あとは高校時代の合唱部かな?歌うのが好きで、休みの日も家でガーガー歌ってましたね。背筋もムキムキでした。
大学に入って背中が痩せてスッキリしたわね!と母親に言われましたね。
事実、高校のときが人生で一番太っていたので、大学に入って痩せたのはあるでしょうが、多分背筋が落ちたのが一番だと思います。

あと小学生と中学生のときに頑張ったことも言わなきゃいけない…(ㅇㅁㅇ)!!!!!!!

小学生のときは中学受験に向けて勉強してましたがよく覚えていない。
母いわく「大学受験よりも頑張ってた」そうです。

中学生のときの思い出といったらDV被害しか思い浮かばないのですが、転職の面接で話すことでは絶対にないと思うので、うーんまあ妥当に勉強ですかね。あと委員会活動とか。委員会活動は高校もやったなー。
勉強はまあ3年生のクラス替えで、11クラス中の2クラスしかない選抜クラスに入れたので、まあ頑張ってたんじゃないですかね。

これでいいのかな…

ブログで自己分析…