読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

comfort

ミニマリスト見習い・調剤事務の、よくばりジャーナル

もう傷つきたくないシンドローム

こんにちは、ミオグロビンです。

記事によってテンションが著しく違うので、見てくださってる方は戸惑われるかしら。

今日はたまにふと思うことを綴っておきます。

私たちは誰しも、今まで生きてくる中で、人間関係の中で、数え切れないくらい傷つけられながら生きてきたと思います。
その痛みは、頭では忘れていても、心や身体はおぼえていて、
みんな、はっきりとは自覚せずとも「もうこれ以上傷つきたくない」と思いながら生きています。
どこか怯えている。
多分みんなそうです。

だから今の若者はすごく優しい。
自分の周りにはすごく気を遣う。

時には人を傷つけ、
そのことを反省して、
時には自分で自分のことを傷つけることもあるかもしれないです。

生きることは難しい。
生きることが難しいのは、ほとんど、生命の維持のために必要な栄養などではなく、むしろ人間関係によると思います。

もう傷つきたくないよね。

私も、恋人や家族、友達とトラブルが起きるたびに、
「もうこれ以上傷つきたくないのに」
「今まで十分傷ついたのに」
と思ってしまいます。

そこで、もし
「傷ついた!でもしょうがない!人生とはそういうものなのだから」
と割り切って行動することができたら、どんなに良いかなと思います。
実際そうできる人もたまにいる。
まぶしい。

傷ついたことにばかりフォーカスしてしまうと、
しばしば、ものの本質を見誤りますから、
やはりその時起きている問題の解決から、意識をそらさないことが肝要なのかなと思います。

傷ついたことに関してのケアももちろん大切です。
でも短期間なら後回しにしてもいい。
その代わりに、忘れないようにあとで絶対にした方がいいですが。
このケアも、一人で自分でできたら、とっても強いなと思います。

私は、自分が傷ついてもいいから
相手も傷つけるかもしれないけど
はっきり何かを言うこともあります。
まだくよくよしてしまうけど
いつか慣れたい。
私は自分にも他人にも甘いので、
もう少し厳しくする優しさというのを身につけたいなと思っています。

転職にあたって、どんなことが私に向いているかな?と友達に聞いたら、
「ミオグロビンはかなり強固な自分があるから教祖に向いてる。本とか出すといい」と言われて
「転職で教祖????」と思ったのですが
「面白そうだからアリかも」と思ったので
今回の転職ではいきなり教祖にはならないものの
いつかなろうかなと思って色々考えておきます!
でも多分やるとしても複業かな!
兼業教祖。
宗教法人の設立の仕方とかも調べておいた方がいいかもしれませんね。

得意なことを聞かれて「人の話を聞くこと、相談に乗ること、今後の見通しを立てること」と答えたら、「占い師だね。真顔で『あなたはこうです』って言えるから向いているよ」とも言われたので、
占い師をしながら信者を集めるのも良さそうですね。
でも悪いことを教えるのではなく、
大人向けの道徳の授業みたいなのを。笑
でも占い師にしっかりなるには、学校に行ったりした方がいいみたいなので、ちょっとハードルが高い…

そんな今日この頃。