comfort

ミニマリスト見習い・調剤事務の、よくばりジャーナル

「ときめきコスパ」で物欲コントロール??

こんにちは、涙です。

物欲コントロールの方法として「ときめきコスパ」はどうかな?と考えたので書きます!

まず、何かコスメや服や服飾小物や趣味のものなど…を買ったとき、
それぞれ大体どのくらい「ときめき」が持続したか?を記録していくのです。

例えば去年買った3000円のBBクリーム…
思ったより使い勝手が悪くて2週間ほどしかときめきが持続しませんでした、とすると
2週間/3000円

例えば先月の頭に買った8000円のワンピース、1.5ヶ月経ってもまだときめいていますが、そろそろ落ち着きそうです。
ということでときめきが落ち着くのが仮に2ヵ月弱の8週間だとしましょう。
8週間/8000円

比べてみると服のほうがときめきコスパが良さそうです!

みたいなデータを集めることで、「ときめきコスパの高い分野やアイテムの特徴」を分析し、
衝動買いをしたくなったときはそれを選ぶようにすればいいのではないか、とか
普段「ああなんか新しいコスメ欲しい」と思ったときに、
「いや、でもこの前のデータで、コスメは当たり外れが激しくてときめきコスパが悪かったな」とか思い直すことで、
「そんなに切羽詰まって買わなければいけないわけでもないから、今度にしよう」と倹約できるかもしれません。

ときめいているかどうかは主観で判断してしまっていいのですが、
大体「ものへのときめき」よりも「使用に伴う手間」を惜しむようになったら、ときめきが落ち着いていると考えていいのではないでしょうか。

使う頻度の極端に少ないものでも、とりあえず期間で考えて良いように思います。
「ちょっと良い着物に10年ときめいています、でも着るのは年に一度です」でも、とりあえず頻度は考えずに期間で良いでしょう。
良い着物はその分高いですし…
多分、使う頻度が極端に少ないけどときめき続けられるものって大体高価なものかなと思いますので。

そんなことを考えました!